脳神経外科にかかるときって、どんなとき?

当院の目指す医療

脳の病気は早めの対処、予防が大切です
地域の皆さまの健康に寄り添う予防と治療を

当院で行っていること

脳神経外科

頭痛めまい|しびれ|顔や目のけいれん(ボトックス治療)|麻痺|物忘れ|頭のケガ|脳卒中の予防と治療など

内科

高血圧・高脂血症・糖尿病などの生活習慣病・風邪やその他の感染症・医療疾患など

その他

簡易脳ドック軽度認知障害(MCI)血液検査ニンニク注射プラセンタ注射グルタチオン点滴AGA治療薬ED治療薬インフルエンザワクチンなど

院長のごあいさつ

はじめまして。院長の都築 隆(つづき たかし)です。
これまで大学病院を始め色々な病院で多くの脳の病気を抱える患者さんの手術や治療に専念してまいりました。
脳の病気は治療し治っても、麻痺や言語障害や高次脳機能障害など本人はもとより、ご家族の生活や仕事などに多大な影響を与えます。また現在高齢化が進み、日本人の65歳以上の5.6人に1人が認知症というデータもあります。
そんなこわい脳の病気にならないように、またなってしまったら少しでも良い方向に寄り添っていける診療を行いたいと思っております。
皆様の脳から始まる健康を支え、最後まで元気でイキイキと生きていく。
そんなお手伝いができたら、と思っております。
どうぞよろしくお願いします。

プロフィール

都築 隆(つづき たかし)


学歴

1985年 東邦大学医学部卒

学位・資格・所属学会など

医学博士
日本脳神経外科学会専門医
人間ドック健診学会指導医・専門医
プライマリ・ケア連合学会認定医
認知症学会会員
脳ドック学会会員
東邦大学医学部客員講師
産業医

職歴

東邦大学医療センター大橋病院  脳神経外科
葛西昌医会病院  脳神経外科
裾野赤十字病院  脳神経外科
横浜総合病院   脳神経外科
間中病院     脳神経外科(頭痛で有名)
伊勢原協同病院  脳神経外科
相模原総合健診センター(健康診断・脳ドック)

院内の様子