11/17*無料セミナー『頭痛のタイプを 知って上手に暮らす!』開催しました

11月17日、第1回 医療プチセミナー『頭痛のタイプを 知って上手に暮らす!』を開催しました。

先生のプロフィールから始まった今回のセミナー。初開催とあり、ちょっと緊張した様子の先生でしたが、東京の下町育ちであること、NHK朝ドラマ・連続テレビ小説『梅ちゃん先生』のモデルになった東邦大学医学部卒業というお話から終始和やかムードに。そして、小田原の間中病院にて、頭痛外来の先駆者として有名な、間中 信也先生のもとで学びながら、数々の頭痛の症例を診て来たこと、協同病院で勤務医として在籍していたことがあることなど、紹介されました。

今回のセミナーでは、

・頭痛に悩む人が多い現状
・頭痛は治療できることを知る
・あきらめて、我慢しないこと
・自分の頭痛のタイプを考える
・治療、薬の使い方を知る

という5つの点について学びました。

頭痛のタイプは下記のように分けられます。

一次性頭痛:頭痛そのものが病気=慢性頭痛
片頭痛
緊張型頭痛
群発頭痛

二次性頭痛:他の病気が原因で頭痛がする
くも膜下出血
脳腫瘍
慢性硬膜下血腫
髄膜炎

それぞれの具体的な症状や異変について聞くことができました。

みなさん、メモを取りながら熱心にお話を聞いてくださいました。最後の質疑応答では、「ご自分の症状がどのタイプにも当てはまるのですが…」「これって頭痛の予兆でしょうか?」など積極的に手を挙げてくださり、患者さま同士の共有もでき、とても有意義な時間となりまし。

先生いわく『自分の頭痛がどのタイプであるかをきちんと理解する。そのタイプにあった薬を正しく飲んで、上手に付き合っていくことが大切。ただ薬を飲めばよいのではなく、飲むタイミングを見計らうことが大事。それらのコントロールを担うのが医者です』ということでした。

今回のセミナーにご参加できなかった方、当クリニックに一度ご受診の上、先生にご相談ください。

次回は、2019年1月19日土曜 14時〜『認知症について』の会を予定しております。また詳細が決まり次第、お知らせいたします。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。